母になる。第4話。やっぱり棒だった道枝君。

この話、子供役の道枝君の第2話での棒演技は、演技の演技をしていたってことでわざとの棒演技だったことが話題になっていたが、いや、そもそもリアルに棒演技だったww

で、今週はその棒こと、道枝君と沢尻とのすれ違いと確執が描かれ、結局施設に帰りたいという道枝君を施設へ戻すことに・・・

母沢尻がランチ弁当を毎日作るも食べずにゴミ箱へ投下する道枝君。弁当は空だが箸がキレイだったことで食べずに捨ててると気づく母沢尻だが、毎日作り続ける。

あんたを母親だと思えませんとひどいことを言う道枝君だったが、施設に戻してくれるということになった途端、素直に弁当を食べた道枝君。そんなに一緒に暮らすのが嫌だったのかw

施設に戻る最後の日は、箸が汚れていたことで弁当を食べてくれたと歓喜する母沢尻だったが、箸で弁当を捨てた可能性もあるでしょww

また、育ての母小池は新しい人生を歩む!ということで、おそらく二年間の服役生活で知り合ったであろう設定のおばさんの元へ、確か雇ってくれるんですよねぇと向かうものの、そんなの適当に言っただけよ、とつっぱねられ、その女性と一緒にいたおっさんに突き飛ばされる始末w
いや、なにも突き飛ばさなくてもいいのにwwww

で、なぜかそのおばさんと知り合いだったのが、沢尻と離婚したあと、藤木と男女の仲だった高橋メアリー。
世界が狭すぎるご都合主義w

そんなことから、次週は小池が柏崎オートで働くとかわけのわからない展開に。

これで小池、沢尻、藤木の同居世帯に道枝君が戻ることになると思うと胸アツだな。

なんなんだこの糞脚本はwなんかむちゃくちゃな超展開になってきた、来週も見るしかない。
どうせなら藤木と小池ができちゃう展開になれば今期イチの神ドラマだな。

どうでもいいが、このドラマは蒲田とか京浜東北線沿いが舞台になってるな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする