沢尻エリカ、母になる、一話感想

久々に切らないで完走できそうなドラマだ、沢尻エリカはマジで圧倒的美人だな
ナレーションも沢尻だったけど、声もすばらですよ
しかしエリカ様の子役ちゃんは顔はマジでかわいいのに、演技が棒すぎなんだなwまあ、三歳児か四歳児かわからないけどあんなもんなのか、芦田愛菜ちゃんとか寺田 心クンとか加藤 清史郎クンとかみてたから子役に対するハードルがあがりすぎてるのかもしれない。

沢尻エリカは美人なだけじゃなく、演技もうまいからな、子供と再会前の、会いたい慟哭シーンはやばかった。
今日は沢尻と藤木の出会いから結婚、二人の子が三歳でさらわれるからの、9年後再会までのエピソードだったけどちょっと駆け足気味だったかも。二週にわけてもよかったんじゃないかな。
しかし劇中の三歳児がさらわれたとき、子供放牧したまま、知人と数分立ち話してたことが直接的な原因なんだけど、リアルに三歳児をもってる身としては、目を離して数分も歩道で立ち話なんてありえんわ。うちの子供なんか二秒目を離したらクレしんみたいに車道めがけて猛ダッシュするぞ。まあ、ドラマだからいいけど、子供からは絶対に目を離すなっていういい警鐘になったシーンだったな。

沢尻と藤木は『1リットルの涙』で医者と患者役だったんだよね、あっちは即切りしてしまったけど、こっちは小池栄子も出てるしキャスティング的にも追いかけたいね。
小池はここにも書いたけど、演技もいいんだよね。パーフェクトマルチタレント。沢尻は芸能界最強クラスの美人。
このツートップのドラマだしこれは今後の展開がよほどゴミプロットじゃない限りは切らないと思う。

このときからもう10年たったか。このころもよかったけど、今のほうがぜんぜん好きだな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする