また、虐待。今度は生後一ヶ月。

生後1カ月だった長女の脳にけがを負わせたとして、京都府警捜査1課と山科署は7日、傷害の疑いで、京都府福知山市堀、無職の母親の女(32)を逮捕した。府警によると、「手をかけていない」と容疑を否認しているという。
・・・昨日夜中に目が覚めてヤフーニュースみたら虐待のこの記事をみたのだが、また今日もだ。

ここんとこ異常に虐待のニュースを見るが、こういうときはなんらかのプロパカンダかと疑ってしまう。
昨日の事件での虐待は両親は確信犯であったため、ある意味理解できるが、こういうケースではなんか、この行為者である母親に対する責任能力を問えるのか、疑いがあるように思える。

いわゆる育児ノイローゼになって精神に異常をきたしての行為か、そもそも母親が知的障害者であったとか。
この虐待自体になにか、人間としての意識が介在していないように見えるからだ。
いずれにせよ生まれてわずか一ヶ月で、自らを守るべき母親により攻撃され、未来を奪われてしまった。

なんとも痛ましい事件だ。
目覚める度にヤフーニュースに虐待事件があるので、なにか怖いわ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする