ギャンブル依存症の戯言。

今日の高松宮記念は結果的には単勝のみあたりましたが、トータルで見たらトントンでした。
私は自分でも自覚症状のあるギャンブル依存症です。
高校生の時悪い知人と一緒にスロットにいったのが最初でしょうか。
それからもうずっとギャンブル漬けでここまできました。ギャンブルに狂わされた人生です。
ギャンブル歴20年ちょっとかな。いままでやってきたギャンブルはパチンコ、スロット、株、FX、麻雀、競馬ですね。
20代前半のころは自制ができず借金も作ってしまい、親に助けてもらったこともある典型的なろくでなしです。
それ以降は借金こそしないまでも自分の有り金をすべて使い果たし、その都度後悔するというお決まりのパターンでしたね。ギャンブル収支はそうですね。トータルでみたらプラスですなんて言ってみたいですね。
もう5,6百万はやられてるんじゃないでしょうかね笑

で、今は競馬を中心としたギャンブル生活です。競馬はおそろしいことに即パットなるものに登録し、ネットで馬券購入ができるんですが、口座にお金がある限りは際限ないんですよね。
で、その即パットをやりはじめたのが去年の夏ごろなんですが、以降ものすごい勢いで貯金が減っています笑
パチンコやFXでぼろ負けしたときはこれはやばい、ほかのギャンブルに鞍替えしようということでまさに鞍替えして競馬なんですが、その時以上に音速でお金が減っているという始末でなんです。
で、今週も高松宮記念はまあトントンとしても土日トータルでみたらボロ負け・・・。
毎週これではいかん、メインレースのみにしようと思いつつも、ついついやってしまうという。クズの極みというやつですw
正直ギャンブルのせいで生活苦ってわけではないです。そこそこの収入もありますし、貯金もまあります。
妻も仕事をしていて、いわゆるダブルインカム状態ではありますので。
ですが、今後のことを考えるとやはりこのままではいけない。今日だって負けたかねがあれば女房子供においしいごはんを食べさせられたんですよ。
(ギャンブル依存症はこのタラレバトークをよくするんですよね。)
まずは、競馬はダービーまでやりません。
いきなりやめよう!という目標は高すぎるので、どこまでやらない!という区切りが必要。
毎週日曜のこの時間あたりになるとそう決意する人が多いんじゃないかな。
幸い今はこのブログという新しい趣味をみつけたので、ここにこういう気持ちを書き出すことはそういう自分の今は無駄とも思える決意ですが、それを後押しすることになるでしょう。
来週は大阪杯というG1レースですが見事回避できたら、自分で自分をほめたいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする