ワイドナショーでのデヴィ夫人の同性婚反対について。新宿二丁目の反応は

この前のワイドナショーでデヴィスカルノが出演して、同性での結婚に反対したってことが話題になっている。

彼女の考えでは同性愛は認めるが、同性での結婚はダメだってことのようだ。なぜなら子孫を残せないからってことになるからだという。それなら同性愛だって子孫は残せないからだめだろうとは思うが、まあそれはさておき、

同性愛は昔から道徳的観点からも、また普通に一般的な視点からも禁忌とされてきた。そしてそこはそのままでいいと思う。おおっぴらにすることじゃない。
だから結婚なんてのはもってのほかだ。

男と女が結婚して子供を作る。それが「家」のあり方で、そうやって国、もっといえば人類は繁栄してきたわけだ。
そういう基本的な理念があるから、今の結婚制度があって、国もそういう枠組で生活している世帯に対する税制面やら、様々な面からサポートをしているのだ。それは子供作ってくれなきゃ将来的な税収は増えないわけだから当然といえば当然のことだ。

反面、同性愛ってのは、これは生物としては異端なわけで、そもそもが子供をなすことは絶対にできないわけだから、本人たち意外にはなんの意味もない。

デヴィ夫人の同性での婚姻は子供ができないんだからダメだって論調だったがそれには同調する。
なぜなら子供ができなきゃ種としての絶対数が減少していくわけで結果、国力の低下につながるわけだ。

では子供ができない夫婦はどうなるんだ?それも認めないのか?って話もあるが、それとこれとは別問題だ。そこは医学の力で補完できる場合もあるし、できなくてもそこは病気なんだから仕方がない。その夫婦は保護されても問題ないだろうが、同性なんてのは元々子供ができないわけだから話が違う。

養子をもてばいいじゃないかって論調もあって、実際に養子をむかえた同性夫婦もいたようだが、それも別の話だ。

偽装結婚・偽装家族

それにそこにもまた別の問題がある。
懸念されるのが、その制度を利用してまた不正に日本に入ってこようとする外国のヤカラがいるだろうってこと。

特に男あまりの中国なんかはその筆頭じゃないだろうか。
同性での結婚、同性同士の夫婦への養子縁組。つまり、偽装結婚、偽装養子縁組。なんてのは今よりももっとハードルが低く簡単にできるようになるんだから、生活保護や国民健康保険の制度と同じようにまたおいしいとこどりされてしまうだろうね。

ゲイタウンでの反応は?

私自身、ゲイタウン新宿二丁目にはよく遊びにいくので、ゲイの友達も多い。そして彼らも私には同意見だ。
というか私が彼らの考えに影響されてるのかもしれない。彼らは基本的にネトウヨ的思考をもった保守的な考えの人間が多く、そしてそういう同性婚には反対意見ってのが多いのも事実だ。
「別に結婚なんてしたかないわよ。どうでもいいのよ。そんなの。」なんて具合なのが実際のとこで。

それに、正直いって彼らの主目的はシモばかりでw、公的に認められることを望んでいるわけでない連中のほうがおおい気がする。
彼ら自身そういう性癖なのはおおっぴらにしたいとも思っていないのだ。

一般的に同性愛ってのは道徳に反する。それを認めない宗教だってあるんだし、気持ち悪いと感じる人が多いのは事実だ。
さっきも言ったが本人たち以外にはなんの意味もない。

絶対的少数だからこそ保護すべきなケースもあるが、これは違う。もっと大きな問題でここに市民権を与えていけば、種の衰退につながる問題なんだから、この風潮はけっこう危険だと思うのは私だけではないはずだ。

テーマとは関係ないが、デヴィ夫人の若いころはおそろしく美しい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする