中国がヘタレた

アメリカがこの前、シリアに対して、トマホーク59発をぶっぱなした。なんで59なのか、これが多いか少ないかは判断できないが、日本や西側諸国もこの行動を支持したってのはこの前報道されてたけど、なんと中国の国家主席キンぺエさんも会談の席でこの行為を容認したとのことだ。こんなことは今まではなかったと思うが。

この様子だと、北朝鮮への武力行使も中国は黙認するだろう。そもそも中国もいうこと聞かない北朝鮮をウザいと考えてるだろうし。
どっちにしろキンペイもヘタレたってことだろうな。これで彼は中国国内で、ヘタレ外交ってことで叩かれるでしょ。
でも59発のトマホークぶっぱなしたトランプは口だけ男でもないことが証明されてるわけだし、さらにキンぺエのヘタレのおかげでアメリカはマジで北鮮を攻めるかもしれないな。
そうなれば当然日本にも火の粉はかかってくるだろう。

素人からみても、これってそこそこに危ない、きな粉くさい状態だと思うけど、民進中心とした野党チームは相変わらず「憲法9条改悪阻止」とか「安保関連法の白紙撤回」とか合議してたとかこの前報道されてたが、アホじゃないのか?
ただ怖いのが、アメリカがリアルに北朝鮮攻めたとしたら、日本にも戦争難民が大量に流入してくることになるんじゃないか?そうなれば、今度こそ受け入れざるを得ないだろうし、確かに北朝鮮の驚異は否めないが、そういった側面もあるわけなので、トランプさん、北鮮攻撃考えてんなら、ほっといてくれやって言いたいとこもある。
とかなんとか述べるうちに空母が北朝鮮近海へ向けて出発したらしい。まあ牽制ではあろうが、怖いな。

ブログランキング登録しました。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする