新幹線で子供が泣いたらデッキへ?

ある著名人が新幹線で泣く子供の親にデッキに行ったらどうかと、テレビの番組中で不満を漏らしたことが、物議をかもしだしている。
気持ちはわかる。うるさいなんて思わないとは言わない。
しかし、こんなことテレビでわざわざいうことか。
なんと心のせまい、このような底意地悪い言い方してもなにか得でもあるのか。
私も新幹線は頻繁に利用するのでそういう場面にでくわすことはよくある。
今は一児の父という立場になったから、子供云々の前に親に同情する。大変だなあ。と。あやす親もいればもう完全に放置しちゃってる親も。
確かにあやしたほうがいいのはわかるが、寒いし、うるさいデッキに連れてけはない。
マナーという意見もあるようだが、そんなのマナーでもなんでもない。
車内では携帯電話はマナーモードに切り替えてください。通話はデッキでしてください。
JRが新幹線でお客様へのお願いってことでマナーとして書いてあるのはそれだけだ。
今まさに新幹線にのってて、そう目の前に書いてあるから間違いない。
そもそも根本的な話だが人間は生きてる以上、多かれ少なかれなんらかの迷惑をかけてる。
極論、あんたの存在自体が迷惑だって思う人もいるかもしれない。
それに誰でも子供の頃はあったし、子供であれば周囲の助けを借りなければ生きてはいけない。
つまるところ生まれてこのかた他人に迷惑をかけていないなんて人間は存在しないだろう。
それに新幹線なんてのは、公共の場でそこには見ず知らずのひとがたくさんいる。
公共の場であれば他人になんらかの迷惑もかけられるし、自分もかける。
つまりお互い様なんだよ。
他人に迷惑かけられたくないならプライベートヘリとかで移動するしかない。
さらにもうひとつ言えば、しかもこの発言をした人間は過去、脱税で捕まった。
そんなことしてて、よくもまあ、迷惑だからデッキにいけと公言できるな。
なんとも図々しい。
この発言が台本だとしてもこれは言うべきではなかったと思う。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする