日本一当たる宝くじ売り場、西銀座チャンスセンターの混雑が半端じゃない。

年末ジャンボがつい先日発売されました。
普段私は宝くじというものは買いませんが、なんだか、当たるんじゃないか?というオカルトめいた予感がして買うことにしました。

そこで向かったのが、日本一億万長者を輩出していることで有名な、『西銀座チャンスセンター』

なにやら、平成元年以降、既に560億以上も出てるらしいです。
特に当たるのが、「一番窓口」

年末ジャンボも発売されたばかりでしたので、多少の混雑も予想してたいた私は、平日の日中に向かったんですが・・

甘かった・・

やはり日本全国から買いに来るお客さんがいるからか、もうその混みようったらないですね。
昼一時くらいだったんですが、おそらくはその時点での客数は二千人くらいはいたんじゃないかと。

で、当たると評判の一番窓口の行列はもう例えるなら、休日のディズニーランドでの新アトラクションに匹敵します。
ちなみに、二千人いたとして、千人は一番窓口への並び列でした。

案内係や、警備員もたくさんいて、「一番窓口は只今、50分待ちでーす」などとアナウンスされており、それを聞いた私は到底並んでまで買う気はなくなりました。

これが西銀座チャンスセンター一番窓口の混みっぷり!


これだけではなく、さらに奥の歩道にも数百人の列がありました。

私は結局、一番すいてる端の11番窓口で買いましたが、それでも15分は並んだので、これ休日とかだったらどれほどの人が集まるのだろうかと、空恐ろしい気持ちになりましたよ。

購入する人も気合い入ってる人が多く、私の前のおじさんは、「ジャンボバラ300枚、連番300枚」とどっかりと買い込んでましたね。
300円を600枚なので、ガッツリ18万円也。

私はというと、ほんとは20枚のつもりでしたが、おじさんの買いに影響されて40枚買ってしまいました。

ちなみに行き方ですが、JR有楽町駅の銀座口を出て、有楽町マリオンを通り抜けそのまままっすぐいけばわかります。

なにせすごい人なので。

まるで、人がゴミのようだ・・

そりゃ、これだけ買う人がいたら日本一当たるでしょうよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする