【時給400円!】テレ東ガイアの夜明けでセシルマクビーが大炎上

12月12日にテレビ東京系列で放送された「ガイアの夜明け」が反響を呼んでいる。

本放送では外国人技能実習生の過酷な労働環境問題に切り込んだ内容だったのだが。

実習生らは縫製工場に勤務するのだが、彼女たちらが日々作っていたという服が画面に映し出されると、すぐにネットユーザーによってブランド名である「セシルマクビー」が特定され、炎上するに至った。

問題になった実習生らを雇用する岐阜県の縫製工場は、実習生たちをほぼ休みなく、なんと時給400円で長時間労働させた上に、1人600万円以上にものぼる賃金や残業代が未払いのままだった。

そして、未払い賃金を請求されると「倒産した」として支払いを免れているが、場所や社名を変えて再び開業するという有り様だ。

実習生たちを支援する岐阜一般労働組合のケンカイさんが電話で問題点を追及すると、運営会社の弁護士は「だってやれるんだもん。法律が認めているんだから」と答えた。

悪いのは当然のことながら彼らを直接雇用する縫製工場ではあるが、そこに発注しているブランド「セシルマクビー」などを展開するアパレル会社に責任はないものか、窮状を直接訴えるべく実習生らがその元請け会社に出向く場面も放送されたが、その対応は会社のなかにも入れてもらえず、担当者が手紙を受けとるのみで「これでよろしいですか。もう結構です」と言って質問にも回答することなく、建物内へ消えてしまったという辛辣なものだった。

その後、同社よりは文書で回答はあったが、実習生との間に法的契約や労使関係は無く、法的要求を受ける立場も義務もないと釈明する内容であった。

こういった対応を受け、ネットユーザーからは批判や失望の声が上がり大炎上しているわけだ。

セシルマクビーの公式ツイッターにも批判リプが殺到


CECIL McBEE等のブランドを展開するアパレル大手(株)ジャパンイマジネーション

その下請け縫製会社(株)CLUSTERは時給400円、1日15時間労働、休みは7ヶ月でたった1日、挙句に1人600万円超の未払い賃金を踏み倒す為に会社倒産させて同じ敷地内に新会社(株)クラスターを設立した。

ちなみに踏み倒した未払い賃金は雇用保険から補填される

株式会社CLUSTER
岐阜県大垣市熊野町5-172
代表取締役 池田宜隆

↓倒産させて新会社設立

株式会社クラスター
岐阜県大垣市熊野町5-162
代表取締役 池田宜隆

こんなのは完全に確信犯の経済詐欺だろ。
セシルマクビーの会社も知らぬ存ぜぬでは通らない。

2ちゃんねるでも「嫌なら日本から出ていけwww」の大合唱かと思いきや、今回ばかりは意外にそうでもないくらいだしな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする