BBQNの不始末により小学生男児が砂浜で両足に大火傷

8月16日15時30分ごろ、砂浜で遊んでいた小学2年生の男の子が、浜辺に放置されていたバーベキュー用の炭を踏み、両足の裏をやけどする事故があった。

【BBQN=BBQ+DQNの隠語】

事故があったのは、透き通るような海の美しさから「積丹ブルー」とも呼ばれる北海道積丹郡(しゃこたんぐん)浜西河の砂浜。北海道千歳市に住む小学2年生の男の子は、家族らとともに砂浜で遊んでいたところ事故に遭った。

家族によると「火のついた炭は砂をかぶせて故意に隠したように放置されており、炭に気が付かないまま踏んでしまった」とのこと。

事故により怪我を負った男の子
両足にまかれた包帯が痛々しい。

この事故について、男の子と家族らが泊まっていた旅館により、シェア拡散希望ということでフェイスブックに当時の状況がアップされている。

スポンサーリンク



以下転載

【シェア拡散希望】
※同じ様な悲しい出来事が少なくなります様に。
ぜひシェア拡散をお願い致します。
お盆最終日。

前浜でキャンプをしていた方々も少なくなり、夏も終わりだなぁ?と思いながら仕事をしていました。
そんな中、本日お泊まりのファミリーがチェックイン。
予定では午後から小学生対象の無料釣り船体験で船に乗る予定でしたが、あいにく積丹の沖合は時化ていて出航できず。
船釣り体験は明日の午前中に延期になりましたが、お天気は良かったので小学校2年生の男の子と妹さん、ご両親と共に前浜へ海水浴に出かけて行きました。

しばらくして男の子の鳴き声が響いて来たので足洗い場を見ると、さっきの男の子がお父さんに抱きかかえられ、泣きながら足を水に浸けていました。

事情を聞くと、砂浜に火が着いたままの炭が放置してあり、その火の着いた炭の上を何も知らずに歩いたため、足の裏を火傷してしまったとの事。
しばらく流水で冷やしましたが痛みは酷くなるばかり。

小学校2年生の男の子、一生懸命痛みを我慢し、歯を食いしばって涙をこらえている姿は、そこにいた大人全員が代われるものなら変わってあげたいと思う位痛々しくて。。。

救急車を呼び、余市の病院まで搬送され応急処置をしてもらい北都に戻って来たのは、陽も落ちて暗くなった午後7時半。
お父さんに抱っこされたその男の子の両足は包帯でグルグルに巻かれ足もつけない状態。
翌日の船釣り体験も出来なくなっちゃいました。

「海なんか来なければ良かったんだ😭」この男の子はこう呟きました。

私達にとって、とてもとても悲しい出来事です。
夏休みの良き思い出が台無しの出来事でした。
北海道では短い夏を堪能しようと、積丹だけでなくあちこちの海水浴場や海辺にキャンパー達がテントを張りバーベキューを楽しみます。
しかし帰る際、バーベキューの炭や焚き火の焚き木は置いとけば自然にもどるという大きな誤解をしている人々が多く、火の着いたままの炭や焚き木を砂浜に埋めたり、そのまま放置して帰ってしまい、熱い炭を足で踏んで大火傷をしてしまいます。

炭はほぼ炭素の集まり。
腐って土になるようなことはありません。
砂浜を炭で汚したらそのまま永遠に残ってしまいます。
芯まで確実に水等で消火し、家庭ごみとして持ち帰ってください。
バーベキューは来たときよりも綺麗にして帰ることがマナーです。
後片付けの中でも、炭の後始末は誤った方法で行うと、重大なルール・マナー違反だけではなく、事故に繋がる恐れもある大切なポイントですので、必ず正しい方法で行いましょう。
わからなければ北都スタッフに聞いて下さい!
北海道の短い夏を良き思い出として子供達に残してあげたい!
積丹ブルーの海をずっと綺麗なまま残したい。
温泉旅館北都の望みです。

・・・ということだが、また別日にも違うグループによりバーベキューの残骸が放置されたままだったとのことで、その様子もフェイスブックにあげられていた。

こんなことするのはチンピラかゆとりのノータリンばっかりで、悪いことにバーベキューというアウトドアで楽しむこの行事はとかくそういった連中に好まれる。
彼らにはこういった注意喚起は残念ながら響かないので、自衛するしかない。
今回は火傷とのことだが、割れたグラスとかもっと危ないものも普通に放置されてる可能性もあるため、親御さんは、お子さんにはだしではなくビーチサンダルの着用をさせるべきだったな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする