スペインバルセロナで車で突っ込み死傷者60名を超えるテロ。その犯人は?

スペインのバルセロナで日本時間の今日18日午前0時ごろ、また車が人混みに突っ込むテロがおきた。
現時点での死傷者は60名を超え、死者は13名に上るとのこと。

事件現場はバルセロナ中心部にある観光客も多く訪れるカタルーニャ広場の近くで、白いバンが人通りが多く賑わうランブラス通りに突っ込んだ模様。

犯行に及んだ容疑者は複数。警察がうち一人を拘束している間にその場にいた残りはトルコレストランに立てこもっており、現在も警察が説得中であるとのこと。

事件現場のカタルーニャ広場は、ホテルやショッピングモール、レストランなどが建ち並んでいるほか、地下鉄やバスの駅があり交通の拠点となっている。このため広場周辺には、日頃から地元の人たちだけでなく、大勢の観光客が集まる地域だ。
今現在、レストランや地下鉄の一部は閉鎖している。

事件現場カタルーニャ広場

地元のニュースではすでに犯人の一人は顔写真つきで報道されており、犯人はアラブ系でイスラエルのパレスティナ占領に抗議する投稿をフェイスブックに投稿していたとのこと。

どう考えてもイスラムだろう。バルセロナは欧州の中でもトップクラスでイスラム系の移民が多い地域でもあるし。

現場の動画は既にツィッターやYOUTUBEに現地民によりあげられているが、まさに凄惨のひとこと。現時点では死者13人とのことだが、現地レポ動画を見た限りではまだ増えそうだ。
小さな子供も被害にあったようで地面に倒れていた。

日本だってこれは対岸の火事ではない。決して人事じゃないね。東京オリンピックのときが危ないだろうな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする