爆死アニメ、バンドリ

アニメの世界にがっつりはまるきっかけになった作品のひとつで『けいおん!』がある。これは社会現象にもなったので名前くらいはアニメにたいして興味ない層も知ってると思うが、一言で内容を説明するとしたら女子高生ガールズバンドの日常を描く物語だ。
で、今、同じガールズバンドの話ってことなので、放送開始前の去年くらいからかユーチューブなんかで頻繁に宣伝されていた、バンドリを最近見始めて、今日最新話まで見終わった。
率直な感想としては、自分的評価はまさに爆死ものだ。これはとにかくひどい。なぜこうなった、
考えつく理由としてはまず脚本自体に問題あることもひとつあるが、それより、これはキャラデザが最大の問題だろう。ラブライブも脚本自体は浅かったが大ブレイクした。バンドリとの差はやはりキャラデザ。あとは演出か。
バンドリの演出でいえば、最悪レベルだったのは第3話のキラキラ星のところだ。基本アニメは移動の電車内でみてるんだが、その場面だけは直視し続けることができず、そっと画面を閉じた。さすがに噴飯ものにひどすぎた。

だが、最近ソシャゲが配信されはじめて、その評判自体は悪くなさそうなので、まだコンテンツとしては完全に死に体というわけでもなさそうだ。あともうひとつ評価できるとしたら、オリジナル楽曲自体は悪くはない。これはけいおんの上をいってると思う。なので、プロット自体の編成をしなおせばまだ持ち直す可能性もありそう。でないと今後のポピパの活動自体にも多大に影響があるだろう。二期は多分やるんだろうし、キャラデザはもう仕方ないにしても、その他すべてを練り直すべきだ。宣伝費も多額にかけただろうし、このままでは特典つけてもブルーレイ売れないんじゃないのか?
人目を憚らず通勤電車でみてる視聴者の身にもなってほしい。知らない人からみたらただのキモオタ親父だし、知ってる人がみても痛々しく思われるわけだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする