【立憲民主】枝野氏の盟友弁護士青山氏、セクハラ否定もLINE流出・・

10月26日、テレビ朝日系列の「羽鳥慎一モーニングショー」において、この日発売された「週刊文春」が報じた立憲民主党の新人議員のセクハラ疑惑について放送された。

同番組によると、文春が報じたセクハラ疑惑の議員は、今回の総選挙で静岡1区から出馬し、比例で復活当選した弁護士の青山雅幸氏だ。
ちなみに青山氏、小選挙区では3万8千票ほど負けている。

文春の記事によると、弁護士の青山氏は自身が代表を務める法律事務所に勤務していた20代半ばの女性に対して執拗にセクハラ行為を働いていたという。

弁護士 青山 雅幸氏プロフィール

生年月日:1962年3月2日(55歳)
出身地 :静岡県静岡市
出身高校:藤枝東高等学校
出身大学:東北大学法学部
趣味  :ランニング、コア・トレーニング、映画鑑賞

青山氏は東北大学法学部卒業後は静岡県庁に勤務されたようです。

その後、平成6年4月には弁護士登録し、平成13年にライトハウス法律事務所を開設、平成23年にはライトハウス法律事務所の代表弁護士になっていたとのこと。

今回躍進した立憲民主党の党首である枝野氏とは同じ東北大学出身とのことで、二人はいわゆる盟友関係にある間柄。

セクハラ被害にあった女性は、同事務所で働き始めて2か月後ぐらいから青山氏に食事に誘われるようになり、青山氏の言動に異変を感じるようになったため、セクハラ行為をノートに書き記していた。

特筆すべきは去年8月の出張。
旅館でお酒を飲んでいる時、青山氏がハイハイをしながら寄ってきて、頭をなでられたり、「あとで一緒に風呂行く?」などの身の毛もよだつようなメールが送られてきたという。

番組中では、青山氏はセクハラ疑惑については、「それはないと思いますけど。ないです」と否定。
お風呂一緒にいく?のメールについても強く否定していた。

青山氏は、セクハラ疑惑を公にした女性はだれかわかるとした上、その人物はとあることでトラブルになったため事務所を辞めたからそういうことを言っているのではないかと言い逃れしていた。

しかし、これは?

LINE流出


セクハラ被害を記した日記

Twitterにも別のセクハラ被害をうったえる投稿が・・


否定すると、文春砲第2弾が、音声データとともにやってくるぞ・・

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする