ボンビーガールを見て足立区の治安面を補足したくなった。

日テレの幸せボンビーガールで、足立区特集をしていた。足立区は治安が悪いとか、汚いとかで23区内ではワースト人気の区ということで、逆に足立区のアピールをするという構成だった。

足立区に住んでもう20年になる私からすれば、この足立区というところはコスパは最高だ。

とにかくそういうマイナスイメージからだと思うが、まず家賃が安い。
ちなみに今は私は綾瀬と亀有の両方に徒歩圏内にある賃貸マンションに住んでるが、築年数も10年程度で、オートロック、風呂トイレ別、エアコン3基60平米3LDKという間取りで家賃は9万台だ。
この住環境で渋谷区とか港区なら20万はするだろう。

そんな区だから基本的にすんでるのは貧乏世帯が多いため、必然的に物価も安い。
例えば、弁当やとかでも250円均一でうってるとこもあるし、惣菜や関係もコロッケ一個20円とか、そういう売り方をしている店もあるのだ。自販機だって100円のが多く、西成区みたいに80円とか50円とかの自販機だってある。

コスパは最高。あとは問題の治安だ。
これはどうなのか、番組内では検証していなかったので、その点について補足していきたい。

私は個人的には今まで中野区と東京西部の市部に住んだことはあるが、ここ足立区に引っ越して20年たつ。その間、確かに何回か犯罪被害には遭っている。以下にその内容を列挙していく。

スポンサーリンク



その①ピッキング被害。

これは15年くらい前。
そのころは一人暮らしだったのだが、家に帰ったところ室内がけっこうな勢いで荒らされており、コンポの上に置いてあった三万円が忽然と姿を消していたことから、まあ、平たく言えば泥棒だろうw
すぐ110番に電話したら、まず現場検証にくるとか面倒なことを言い始めたので、パチンコで負けたことにしてあきらめるから来ないでいいと断って終わった。そのあとも性懲りもなく、その賃貸アパートに5年くらいは住んでいた。

その②置き引き。

実家が田舎なので、帰省の折、会社等に配るべくお土産を買うのだが、帰省から戻り駅前のATMでお金をおろそうと下にそのお土産をおき操作している間にもっていかれた。ほんの一瞬のすきにお菓子なんかもっていかれるなんて想像もしていなかったが、盗んでいったやつはなにが入ってると思って獲っていたんだろうか。未だに謎だ。
お菓子だからまあいいや、おいしく食ってくれればいいかってことで警察にも届けずにそれはあきらめた。

その③暴行傷害事件。

それは10年前くらいか。まだ結婚する前のこと。
友達カップルと三人で酒を飲み帰路につこうというときに起こった事件だそうだ。
そうだというのは顛末の一切を覚えておらず、あとから友達の彼女から聞かされた事実のみしか知らないからだ。
簡単にいうと、なにやら、友達が見るからに素行の悪そうな男に絡まれ、言い合いしてるうちにその男の仲間が5,6人集まってきて、それから一気にボッコボコに殴られたらしい。
翌日の朝、鼻呼吸できず苦しくて起きて、トイレの鏡で二倍にふくれあがった顔をみてびっくりしたのを覚えている。
それから何があったんだーってことで色々聞いたが、相手の男たちの素性もわからないし、友達の彼女はなぜか一切手を出されなかったので、まあいいかってことでそれもあきらめた。

スポンサーリンク



その④ロッカー荒らし。

これは2、3年前かな、夏の暑い日の出来事だった。そのころは暇なときプールで泳ぎにいく習慣があったが、その日も軽く汗を流そうかと500円くらいで運動できる足立区営のプールにいったのだ。

100円返却式コインロッカーに着替えやら財布やらを入れて、小一時間のスイミングを終えたあと、自分のロッカーへ向かうと普通に自分の使っているロッカーが壊されていた。バールのようなものwでこじあけられていたのだ。
被害は財布の中身、紙幣2万円が抜き取られてたため、プールの管理人へその旨を伝え警察を呼んでもらった。

警察がきてから一緒に防犯カメラをみたりしたが、ロッカールームにはプライバシーの関係でカメラがないということで、犯行の瞬間は確認できず、警察には「こんなとこにルイヴィトンの財布なんか持ってくるから、金持ってると思われてとられたんだよ、アハハ。」と笑われる始末w
まず犯人なんかみつかるはずないよ、と言われ、これもあきらめた。
なぜか被害者の自分が指紋を両手ともとられたことに納得できなかったことを覚えている。
それ以来、区営のプールには行ってはいない。

その⑤詐欺。

5年ほど前の出来事かな。これは詐欺というか恐喝に近いのかもしれない。酒を飲んで、駅からの帰り道に起こった出来事。

突然白いセダンが歩く自分にゆっくり併走しはじめて、窓から金髪の男が顔を出した。
いかにもチンピラだ。

運転している人間もいて、その金髪は助手席側にいたので最低でも車の中には二人以上いただろう。
スモークが貼ってあったので中にいる正確な人数は不明だった。

「すいません~私ちょっとパチンコで負けてしまって、お金がないので、これ買ってもらえませんか?」
と金髪の男はネックレスと金の腕時計を出して、そう話しかけてきた。
「これ、質屋にもっていけば最低20万にはなりますので。」やけに低姿勢だったのを覚えている。

私は、酒をのんで気がでかくなっていたせいか、強気に返答した。
「おれもパチンコ負けて金ねえよ。四千円でよければ買ってやるよ。四千円しかねえから。」

20万するものが四千円で売るわけないだろうとたかをくくっていたら、
「ああ、四千円でもけっこうですよ~。」
とあっさり言われてしまった。

四千円なら買うって言った手前、引っ込みつかなくなり、渋々四千円とその時計とネックレスを交換しようとしたら、
「あ、でもちょっとすいません、やっぱり四千円では少ないので、そこのコンビニで金おろしてくれないですか?」
とその金髪が言い出した。

私は即座に
「嫌だよ、めんどくせえし。」と断った。

「じゃ、ネックスレスだけでお願いします。」
とその金髪は言い、ネックレスを私に手渡し四千円を颯爽と奪ってもっていってしまった。

そのときはなんだか釈然としなかった。まあ四千円だしいいか、ということであきらめた。

驚くことに、この一連の出来事は交番の目の前20メートルほどの位置で行われた出来事だ。
当然警官も一部始終を見ていた。

当然のことだが、そのネックレスは四千円どころか、千円の価値すらないような代物だ。
もうとっくに燃えないゴミの日に捨ててしまった。

足立区は本当に住みやすいのか?

以上、足立区に住んで20年。人生で犯罪被害にあったことはここ足立区にいるときにしか遭ったことはない。
これはたまたまなのかもしれないが、これだけ色々とあると、やはり治安がいいところだとはお世辞にもいえないのは事実だ。
だが、当然なにもなく平和に暮らしている人間もいるだろうし、この程度の犯罪であればコスパ面から考えても許容できる被害だということで納得することもできる。

私個人的にはやはり多少の治安の悪さは目をつぶり、仮に犯罪被害にあっても過去にそうしてきたように、すっぱりとあきらめることにして、これからも足立区には住み続ける。

テレビをみて、ただ安くて住みやすそうだしといい面だけみて勘違いする人もいるかもしれないが、そんな甘い話はあまりない。安かろう悪かろうなんてのは当たり前なんだから、そのあたりは考慮しないとならない。

犯罪にあってもあきらめることができる割り切り感が持てる人なら足立区にきてもいいんじゃないかと思う。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする