許せぬ。和歌山県の田舎で女児にアシッドアタック。女児の親はクラウドファンディングを。

昨日19日の午後三時頃の出来事。和歌山県田辺市上芳養(かみはや)なる片田舎の県道でおそらく下校中だと思われるが、普通に歩いていただけの、小学校の女子児童が、突然車から降りてきた男にスプレー缶の液体をかけられるという、今年でも最強クラスの胸クソ事件がおきた。

その結果、女児は顔面の皮膚がただれ、全治三ヶ月の重傷を負ってしまったという。

和歌山県警は傷害事件として逃げた男の行方を追っているが未だに犯人は逮捕されていない。

警察の発表によると、男は女児に道を尋ねるような言葉をかけて近付き、いきなりスプレー缶の液体を顔をめがけて噴射し、車で逃走した。女児が泣いているところを近所の住民が気付き、学校を通じて119番通報した。男は眼鏡をかけていたとのことだ。

このニュースを聞いて、心が痛まない人間はいないだろう。ここ数年でもっとも胸クソな事件は、3歳女児に土下座させ、虐待し殺したというあの狭山の事件だ。

あの事件のあの写真をみると、今でも怒りがこみ上げてくるが、今回の件も同じくらいに腹立たしい。

2ちゃんねるの関連スレでも、珍しく煽り、釣りといった類のレスもなく、ほとんどが女児に同情したり、犯人に対する憤りだった。

女児は何を吹きかけられたのか?

296 名無しさん@1周年 sage 2017/12/19(火) 23:16:41.69 ID:E+dXaWBC0
スプレーボトルにお手製の液体じゃなくて既製品缶スプレーで皮膚が爛れるのはこれ
ちょっと着いただけで真っ赤になって激痛だし耐薬品グローブも穴が開く


2ちゃんのレスにあったが、これだとすると想像するにこちらの身が引き裂かれる思いだ。

この事件との関連は?

梅干し670キロ、倉庫から盗まれる 和歌山・田辺 2017.5.9 17:28

和歌山県田辺市芳養町、梅農家の男性(58)の倉庫から、出荷直前の梅干しが10キロずつ詰められたたる67個が盗まれたことが9日、分かった。被害総額は33万5千円相当といい、田辺署が窃盗事件として調べている。 同署によると、男性の妻が8日午後5時ごろに倉庫を施錠し帰宅。出荷のため妻が9日午前7時半ごろに倉庫に来ると、鍵が外され、たるが全てなくなっていた。和歌山県特産の南高梅の梅干しだったという。
※ソースhttp://www.sankei.com/smp/west/news/170509/wst1705090058-s1.html

この記事のトップ画は和歌山県田辺市上芳養で検索したら出てきた画像だ。こんな片田舎で悪質な事件が年に二度もおきるとは、この地に恨みを持つ、同一人物の犯行ではないのか?

いずれにせよ、和歌山県警は血道をあげてこの事件の犯人を追って、一刻も早く逮捕してほしい。
同一事件の被害者がまたでないとも限らない。

いつもこういう理不尽な、被害者に全く落ち度などなく、ただ単に野犬に突然おそわれたような事件を知ると、仮に犯人がつかまったとしても、どうせこんなことするヤツからは金なんかとれないから、やられた方は完全に泣き寝入りするしかないんじゃないかと思う。

この事件の被害者である女児にもこれから顔を治すために多額の費用が必要になってくるだろう。その経費を誰がもつのか。

できれば法律の下に、この犯人を新薬の実験代にするか、ありとあらゆる臓器を売却するかして、その収益を被害者に支払いされるようなシステムがあればいいのだが、加害者の人権が過剰に保護されている現在では現実的ではないだろう。

そこで、この女児が、未来を取り戻すために、顔を治すために多額の費用が必要で、ご両親がその捻出に困っていたとしたら、いや、もし困っていなくてもだが、両親は寄付型のクラウドファンディングをはじめたらどうだろうか。

自分自身、基本的に他人事には無関心な人間だが、これについては、犯人に対し憤るとともに、なんとここの女児の助けになりたいと、心底そう思う。
おそらく自分同様に思う人間はかなりいて、多額の寄付が集まるだろう。

これはそれほどの事件だ。ある意味、通り魔的に殺されるよりもひどい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする