【2017年衆院選】安倍晋三と小池ゆり子の党首討論、文字おこし

明後日、22日投開票を控える衆議院選挙。堅調が伝えられる自民安倍、当初より躍進が予想される立憲民主。対する苦戦と言われてる小池都知事が党首を努める希望の党だが、先般行われた党首討論にて、小池氏と安倍首相とのやりとりが興味深い。

安倍
「ベーシックインカムについて伺います。ベーシックインカムを目指して消費税凍結とはどういうことでしょうか?」
「ヨーロッパで試験的に導入されていますが消費税で30%を徴収していますが」 

小池
「エッジの効いた政策を入れてみた。ようは考えかたを変えるということです」

安倍
「内部留保の課税で消費税凍結の財源を代替すると書いてありましたが内部留保の課税をしたオーストリアでも満足な税収を得られませんでした。兆円の規模での税収は難しいのでは?」

小池
「我が国の内部留保率は非常に高い、パラダイムシフトで可能になる。法人税を安くして税収を減らすことは間違い」

安倍
「法人税税率を20%代に下げましたが過去40年で最も法人税税収を得てます。法人税税率を高くして内部留保課税をするというのですが企業の海外移転、競争力の低下を招く恐れがあるのではないでしょうか?」

小池
「政策よりも夢や希望を語るべき。こまごまとした政策を語るのは衆議院選挙の主旨に外れます」

理路整然と語る安倍晋三氏に対して、なんだかすっからかんの小池さんな印象。
これではとても反自民の受け皿にはなれないわな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする